忍者ブログ
2010/3/12 再開の前に、空白期間を問題のある記事等の"魚拓置き場"にする作業を致します☆ それと、2010/3/10に斬り捨て予告致しましたBlog主さん、カテゴリ記事全削除で逃亡ですか?…ムダな事を^^b
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/20 (日) 09:29】 |
トラックバック() | コメント()

無題
ArenaK
たしかに、「ラグオル」には「穴」が多いねw

コメントを閉じる▲
↑のタイトルはミスではありません(念の為^^;)

物語が作られる際、基本的には"起承転結"の形式になっておりますが、最近はそうでもない作品が多く見受けられるような気が致します。個人的には、それが面白い場合もあるんですよね~☆

例えば映画にもなりました『呪怨』ですけど、これには『起』も『結』(オチと言った方がいいかしら?)も見事にありません。観客は原因等を色々と想像しますが、映画を観終わっても答えは得られる事がなく、そのまま放置されます。
これは恐怖を増幅させますよ~><;

という訳で、承転のみの物語にする事で解説し過ぎない(想像や推理を喚起させる)物語が作り易く、面白い作品に仕上げられるのかもしれませんね^^b
(では先輩、『PSO』シリーズは前作の『ファンタシースター』シリーズも含めて、想像する部分が多いですけど?)
…確かにそうかもしれないけど、あれは単に"穴だらけ"と言った方がいい気がするわよ?^^;

拍手[0回]

PR

【2004/12/17 (金) 03:26】 | 雑記
トラックバック(0) | コメント(1)

無題
ArenaK
たしかに、「ラグオル」には「穴」が多いねw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
たしかに、「ラグオル」には「穴」が多いねw
2004/12/18(土) 10:42 | URL  | ArenaK #99b0d49cc1[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック