忍者ブログ
2010/3/12 再開の前に、空白期間を問題のある記事等の"魚拓置き場"にする作業を致します☆ それと、2010/3/10に斬り捨て予告致しましたBlog主さん、カテゴリ記事全削除で逃亡ですか?…ムダな事を^^b
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/06/27 (火) 23:01】 |
トラックバック() | コメント()

無題
TARO_3
おお~感動ものですね♪オンラインでしか話したことのないふーさんだけど、それでも本当にふーさんらしい昔話なんだなぁと思えます^^

話は微妙にずれるかもしれますが、
実は自分の通っていた学校(小中)にも、耳の不自由な友達がいまして。
みんな手話がわからない故、多少声色が変でも頑張って喋らなきゃいけないじゃないですか*口話という方法を主に取ってましたが、
なにぶん意思疎通も普段どおりにいかないもので、まわりからは微妙に避けられる対象と化していました。
でもその子は凄く前向きで、どんなに冷たくされてもいじめられても、笑って流せるような明るい性格の持ち主でした。
口話も、慣れてくると頼もしい。
聞き取りにくくても、実はひどく面白いことを言っていて退屈しない(笑)

そんな、強くめげない彼の性格も手伝って、今ではたくさんの友人ができてます*

そんなわけで、自分は彼をとても尊敬しています^^
コミュニケーションの難しさ、お互いが通じ合ったときの喜び、
それらの多くを、彼から教えたもらったのではないのかなと思っています☆


そのわりには人見知り全開じゃないかという突っ込みは勘弁してくださいぃ~^^;


無題
Fuu
ふふ、なるほど☆ たろ~さんもいいご友人をお持ちのようですね^^

"それにしても、ツッコミ回避の一文を入れておくとは、やるようになられたものね★"


コメントを閉じる▲
この『微妙日記』を見ますと、私がやたらタイピング等のコミュニケーション手段にこだわっているように感じられると思われます。
そこで今日は、私がこうなった理由について、ちょっと昔話をしてみたいと思います。

私の学校のお友達に、耳が全く聞こえない方がいらっしゃいました。耳が聞こえないという事で、言葉を話す事もままなりません。
その当時、私はちょうど手話を勉強しておりましたが、本当に始めたばかりで何も分からず、結局はゆっくり話すか、筆談がメインだったんですね。
そこで手話の教科書を読んでみた所、手話の前段階として50音を片手で表した表が載っていたんです。私はそれを必死に練習しまして、2週間後、お友達にその50音で話しかけてみました☆
するとそのお友達は、とても驚いた表情を浮かべた後、とても嬉しそうに50音で返してくれました^^b

お友達から見れば、50音は手話の前段階であり、言い方は悪いですけど"緩いモノ"だったと思うんです。でも、普段は筆談等でご自分が他の方の領域に"上がる"立場に置かれる所が、私が50音の領域に"上ってきた"事で逆転します。つまり、この場では"降りる"側に回った訳ですね。
そして当然、私もいつもと逆転した立場を経験した事になります。

個人的には、この時の"上がる"を経験している事が今の私に影響していると思っています☆
これを忘れない限りは、たぶんずっとコミュニケーション等での小言も減らないと思いますし、それ以外の部分でも色々気付く事が多いと思うんです^^
本当は皆さんも"上がる"を経験なさっていると思うんですけど、"降りる"事が多いでしょうから、お忘れなのかもしれませんよ?

拍手[0回]

PR

【2005/03/02 (水) 21:28】 | 雑記
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
TARO_3
おお~感動ものですね♪オンラインでしか話したことのないふーさんだけど、それでも本当にふーさんらしい昔話なんだなぁと思えます^^

話は微妙にずれるかもしれますが、
実は自分の通っていた学校(小中)にも、耳の不自由な友達がいまして。
みんな手話がわからない故、多少声色が変でも頑張って喋らなきゃいけないじゃないですか*口話という方法を主に取ってましたが、
なにぶん意思疎通も普段どおりにいかないもので、まわりからは微妙に避けられる対象と化していました。
でもその子は凄く前向きで、どんなに冷たくされてもいじめられても、笑って流せるような明るい性格の持ち主でした。
口話も、慣れてくると頼もしい。
聞き取りにくくても、実はひどく面白いことを言っていて退屈しない(笑)

そんな、強くめげない彼の性格も手伝って、今ではたくさんの友人ができてます*

そんなわけで、自分は彼をとても尊敬しています^^
コミュニケーションの難しさ、お互いが通じ合ったときの喜び、
それらの多くを、彼から教えたもらったのではないのかなと思っています☆


そのわりには人見知り全開じゃないかという突っ込みは勘弁してくださいぃ~^^;


無題
Fuu
ふふ、なるほど☆ たろ~さんもいいご友人をお持ちのようですね^^

"それにしても、ツッコミ回避の一文を入れておくとは、やるようになられたものね★"


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
おお~感動ものですね♪オンラインでしか話したことのないふーさんだけど、それでも本当にふーさんらしい昔話なんだなぁと思えます^^

話は微妙にずれるかもしれますが、
実は自分の通っていた学校(小中)にも、耳の不自由な友達がいまして。
みんな手話がわからない故、多少声色が変でも頑張って喋らなきゃいけないじゃないですか*口話という方法を主に取ってましたが、
なにぶん意思疎通も普段どおりにいかないもので、まわりからは微妙に避けられる対象と化していました。
でもその子は凄く前向きで、どんなに冷たくされてもいじめられても、笑って流せるような明るい性格の持ち主でした。
口話も、慣れてくると頼もしい。
聞き取りにくくても、実はひどく面白いことを言っていて退屈しない(笑)

そんな、強くめげない彼の性格も手伝って、今ではたくさんの友人ができてます*

そんなわけで、自分は彼をとても尊敬しています^^
コミュニケーションの難しさ、お互いが通じ合ったときの喜び、
それらの多くを、彼から教えたもらったのではないのかなと思っています☆


そのわりには人見知り全開じゃないかという突っ込みは勘弁してくださいぃ~^^;
2005/03/07(月) 22:20 | URL  | TARO_3 #9a800c3329[編集]
[管理者用 返信]

無題
ふふ、なるほど☆ たろ~さんもいいご友人をお持ちのようですね^^

"それにしても、ツッコミ回避の一文を入れておくとは、やるようになられたものね★"
2005/03/10(木) 05:13 | URL  | Fuu #99d0cb98c0[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック